サーバー
トップページ | サイトマップ
新幹線で東京ディズニーリゾートに行こう!

秋田新幹線 「こまち」用 E3系電車について


もくじ
 「こまち」用 E3系の概要
 「こまち」用 E3系の室内
 「こまち」用 E3系 トイレ・洗面所
 「こまち」用 E3系 車いす対応設備
 電話設備
 「こまち」用 E3系 そのほかの設備
 E3系「こまち」 おもなデータ(諸元)
 E3系「こまち」に乗るには



「こまち」用 E3系の概要

「こまち」用 E3系は、1997(平成9)年3月22日に開業した秋田新幹線用(盛岡〜秋田間)として製造されたものです。

1995(平成7)年に量産先行車1編成(現在のR1編成)が製造、この車両を使って高速走行、環境対策などの数々のテストを行ったのち、テスト結果を反映した量産車(R2〜R16編成)が製造されました。

秋田新幹線用のE3系は、基本番台(0番台)です。

量産車でもアルミ合金製車体の基本構成は同じですが、車内騒音を低くするために制振材を追加されています。

量産車では、先頭部を走行時の騒音対策から先端をふくらませた丸みを帯びた形とし、ヘッドライトなどの灯具類を窓下にまとめたため、大きく印象が変わりました。

パンクグラフも量産先行車の下枠交差式パンタグラフに変わり、新開発の低騒音のシングルアーム式となりました。
のちに量産先行車もシングルアーム式に交換されています。パンタカバーも先行車の上下可動式から固定式となり形も変わりました。

客室は基本的に量産先行車と同じですが、グリーン車では枕が可動式となり、窓きせ上部にあったスポット空調はなくなりました。
普通車も大差ありませんが、ブラインドの生地に「竿灯」の柄が織り込まれました。

トイレの汚物処理装置は真空式で、ごみの分別化を行なうとともに、一般ごみの圧縮装置を新たに開発、導入しました。

運転台は先行車からデザインが大きく変わり、曲面を多用したE2系と共通仕様となり、マスコンなどの操作性も向上しています。

まず、量産車として5両編成15本が登場、先行車も量産化改造を受け、16本体制で1997年3月22日から営業を開始しました。
翌1998年には14号車としてトレーラーのE328形を連結して6両編成となったことで、定員が約25%増の338名となりました。
「こまち」用 E3系は2005年まで増備され、26編成156両が製造され、秋田車両センター(秋アキ)に配置されています。

R1〜R16編成(14号車のE328形以外)の80両は、秋田県などが出資する第三セクターの「秋田新幹線車両保有株式会社」が保有し、JR東日本が同社から委託を受けて車両の開発と設計を行い、秋田新幹線が開業してからはJR東日本が車両のリースを受けて運行するという形をとっています。

なお、14号車のE328形全車と、さらに増備されたR17〜R26編成はJR東日本の所有となっています。

車両・客室・車両ロゴデザインはいずれもGKインダストリアルデザインが担当しています。

現在は、東北新幹線ではE2系と連結し、16両編成の八戸寄りに連結され、11〜16号車として「こまち」をはじめ、東北新幹線内の「はやて」(盛岡行きの一部)・「やまびこ」・「なすの」に使用されています。



[▲このページの一番上にもどります]


「こまち」用 E3系の室内

客室の構成は基本的に量産先行車(R1編成)と同じです。

荷棚から天井面にかけてアーチ状の構成材を設けて奥行きを出すとともに、窓きせ、荷棚、天井がなだらかな曲面を描く連続するイメージのデザインとなっています。

照明は蛍光灯を用いた間接照明となっています。座席配置はグリーン車、普通車とも通路をはさんで2列ずつとなっています。

グリーン車

「こまち」用E3系のグリーン車は11号車となっています。

室内の座席配置は普通車と共通で、通路をはさんで2列ずつとなっています。

前の席との間隔は1.16m(1160mm)となっています。腰掛は大形のフリーストップ式リクライニングシートです。

腰掛には足のせ(フットレスト)が付いており、背ずり部分には上下方向に動くまくらが取り付けられています。

テーブルは、ひじ掛け(アームレスト)に内蔵されたものと、前の席についている背面テーブルがあります。

側窓カーテンはフリーストップ式のロールカーテンを窓きせ内に組み込み、カーテン柄は秋田の竿灯(かんとう)祭りをイメージしたデザインを織り込んでいます。

なお、量産先行車で窓きせ上部にあったスポット空調の吹出口は、客室内の冷房能力が十分にあることから量産車では廃止されました。




普通車

「こまち」用E3系の普通車は12〜16号車となっています。

室内の座席配置はグリーン車と共通で、通路をはさんで2列ずつとなっています。
なお、前の席との間隔が12〜14号車では98cm(980mm)、15、16号車では91cm(910mm)となっています。

これは、1997年3月22日の開業から2002年12月7日まで「こまち」の15、16号車は自由席車となっていたためで、腰掛や枕カバーの色も指定席車と自由席車では異なっていました。

2002年12月8日以降は、15、16号車も前の席との間隔が91cmのまま「指定席」となったからです。

テーブルは、前の席についている背面テーブルがあります。

脚台支持方式は1本足支持となっているため、腰掛足下の空間は広くなっています。

腰掛の電動回転機構も装備しており、ごみ処理室に設けた回転指令スイッチを扱うことで各車両ごとに一斉方向転換ができます。

カーテンはフリーストップ式のロールカーテンを窓きせ内に組み込み、カーテン柄は秋田の竿灯(かんとう)祭りをイメージしたデザインを織り込んでいます。



[▲このページの一番上にもどります]


「こまち」用 E3系 トイレ・洗面所

トイレは、11号車(E311形)・13号車(E329形)・15号車(E325形)の下り方(大曲〜秋田間は逆向き)にあります。

トイレはニオイ対策として、汚物処理装置が真空式になっています。

デザインは、壁面が大便所と洗面所がアルマイトグリーン、男子用小便所はアルマイトブルーの化粧シート仕上げとなっています。

各トイレ内にある手洗器は自動水栓としています。

洗面所は、11号車(E311形)・13号車(E329形)・15号車(E325形)の下り方(大曲〜秋田間は逆向き)にあります。

なお、洗面所は全自動洗面器となっています。



[▲このページの一番上にもどります]


「こまち」用 E3系 車いす対応設備 (車いすスペースなど)

身障者対応腰掛は、11号車のグリーン車(E311形)と12号車の普通車(E326形)に、車いすの固定用ベルトを装備した1人掛腰掛が各一脚ずつあります。

ちなみに、この1人掛け腰掛は方向転換時に座面が通路向きに回転する(通常の腰掛は座面が窓側を向いて回転)ため、車いすから腰掛への乗り移りが簡単にできます。

また、11号車グリーン車(E311形)の大便所は身障者対応で、扉をタッチ式の自動扉としたほか、これまでどおりベビーベッドもあります。

なお、11号車と12号車の出入扉の幅は、車いすでの乗り降りに配慮して85cm(850mm)となっています。



[▲このページの一番上にもどります]


電話設備

電話は12号車(E326形)に電話コーナー、13号車(E329形)と15号車(E325形)に電話室を設け、壁掛タイプのNTTカード式電話とカード自動販売機が置いてあります。



[▲このページの一番上にもどります]


「こまち」用 E3系 そのほかの設備

「こまち」用 E3系の上記以外の設備としては11号車グリーン車に乗務員室、車内販売準備室、多目的室があります。

乗務員室は11号車出入り口のわきに、車内販売準備室、多目的室は12号車寄りにあります。
多目的室には、簡易べッドとはね上げ式の腰掛が準備されています。



[▲このページの一番上にもどります]


「こまち」用 E3系 ごみ箱・自動販売機・案内表示装置・荷物室など

ごみ箱

ごみ箱は各号車のデッキに設置してあります。

ごみ箱は3分別タイプで、投入口が、「びん・缶」、「新聞・雑誌」、「その他ごみ」となっています。
とくに、一般ごみ部については圧縮機能付きのものが採用されており、これまでのごみ箱と比べて2倍以上の収容量が確保さています。

1列車の運行が長時間となり、これまでのごみ箱スペースでは容量が足りなくなる可能性があるためです。

このため、新しく開発したごみ圧縮機を搭載して、長距離の長時間の列車運行にも対応できる容量を確保しています。




自動販売機

飲料水の自動販売機は13号車(E329形)のデッキにあります。




荷物室

荷物室は15号車(E325形)と、16号車(E322形)の車端部にあります。




案内表示装置

各車両のデッキと客室を仕切る扉の上には旅客案内表示装置が設置されています。




AED

12号車にAEDが設置されています。



[▲このページの一番上にもどります]


「こまち」用 E3系 ステップ

新幹線のホームと車体の間を埋めるため、必要に応じて展開する構造となっている折りたたみ式のステップが、各号車の出入り口の下部にそれぞれ取り付けられています。



[▲このページの一番上にもどります]


「こまち」用 E3系 所有会社・車両配置

5両から6両への増結にともって挿入された14号車のE328形以外のR1〜R16編成は第三セクターの「秋田新幹線車両保有株式会社」(秋田県などが出資)が保有し、同社がJR東日本に貸し出す形をとっています。

そして、E328形全車とR17〜R26編成はJR東日本の所有となっています。

車両の配置は、26編成のすべてが秋田車両センター(秋アキ)配置となっています。



[▲このページの一番上にもどります]


「こまち」用 E3系 今後の動向

秋田新幹線の「こまち」において、東北新幹線内の高速運転に対応した在来線直通用 E6系を2013(平成25)年3月から投入を開始し、2014(平成26)年3月には東北新幹線での最高速度を320km/hに引き上げるとともに、秋田新幹線「こまち」で使用されているE3系「こまち」をすべて置き換える予定です。



[▲このページの一番上にもどります]


E3系「こまち」のおもなデータ (諸元)

軌間1435mm (1.435m)
電気方式新幹線 交流25kV(25000V)・在来線 交流20kV(20000V)/50Hz
MT比4M2T
定員普通車315名+グリーン車23名=合計338名
性能営業最高速度新幹線区間275km/h 在来線区間130km/h
起動加速度1.6km/h/s (200系と同じです)
適用車両限界新幹線鉄道および普通鉄道(非縮小)車両限界
車体構造アルミニウム合金製・溶接構造
主要寸法全長先頭車22.825m (22825mm)・中間車20m (20000mm)
車体幅2.945m (2945mm)
全高4.08m (4080mm)
車体高4.125m (4125mm)〜4.29m (4290mm)
編成重量258.2t
台車車体支持方式ボルスタレス
形式DT207形(11,12,15,16号車のM車)・TR7005形(13,14号車のT車)
軸距2250mm
歯数比3.04
車輪径860mm (E2系と同じです)
駆動方式WN平行カルダン駆動方式
パンタグラフPS206形 シングルアーム式パンタグラフ
主電動機方式三相誘導電動機駆動
形式MT205形 (300kW・E2系と共通です)
主回路方式VVVFインバータ制御
制御単位1C4M制御 (1台の制御機で4台のモーターを制御します)
素子GTO(R1〜R17編成) IGBT(R18〜R26編成)
ブレーキ制御回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ(応荷重付き)
耐雪ブレーキ、抑速ブレーキ、直通予備ブレーキ
保安装置新幹線区間:ATC 在来線区間:ATS-P形 EB・TE装置
列車無線新幹線区間:LCX方式、構内 在来線区間:空間波方式、防護、構内
補助電源SC206A形(13号車に搭載しています)
電動空気圧縮機MH1114-TC2000A形(11・15号車に搭載しています)
空調装置冷房:19000kcal/台 暖房:電熱ヒータ16kW/台
製造川崎重工業、東急車輛製造



[▲このページの一番上にもどります]


E3系「こまち」に乗るには

E3系「こまち」用車両は現在、「こまち」のみならず、「はやて」(盛岡まで)・「やまびこ」・「なすの」でも使用されています。

運賃・特急料金早見表

 秋田新幹線「こまち」運賃・特急料金早見表
 東北新幹線 運賃・特急料金早見表




時刻表

2009年3月14日改正版

秋田新幹線 時刻表

 【下り】 東京→秋田
 【上り】 秋田→東京

東北新幹線 時刻表

 【下り】 東京→仙台→八戸→新青森
 【上り】 新青森→八戸→仙台→東京




E3系「こまち」 座席表

 「こまち」座席表




編成表

 こまち
 はやて
 やまびこ
 なすの



▲このページの一番上にもどります

21新幹線情報館
新幹線 運賃・特急料金早見表 | 新幹線 座席表 | 新幹線 編成表 | 新幹線 時刻表 | 新幹線サービス・情報 | 新幹線車両案内 | ホテル | グルメ・グッズ
鉄道の本とDVD | 秋田 高級ホテルランキング | 鉄道撮影用語集 | 夜行バス 格安 | 航空券 格安
Copyright © 21新幹線情報館 2009.12-, keizo All rights reserved.