サーバー
トップページ | サイトマップ
新幹線で東京ディズニーリゾートに行こう!

東海道・山陽新幹線 N700系新幹線電車について


もくじ
 N700系の概要
 N700系の外観
 N700系最大の特徴
 N700系の室内について
 N700系おもなデータ(諸元)
 N700系に乗るには



N700系の概要

N700系は、700系の後継となる東海道・山陽新幹線の最速車両で、快適性の向上と環境負荷の低減を図っています。

「N700」という形式名は700系の進化系、発展系である、「ニュー700系」、「ネクスト700系」が由来となっています。

エアロ・ダブルウイング形の先頭形状、14M2Tの編成構成、4両1ユニット(両端ユニットの先頭車のみT車)のユニット構成、車体構造、腰掛の配置、内装デザインなど大半は量産先行車・量産車とも共通です。

近年の社会情勢を考慮して、車内設備を一部変更し、さらに、受動喫煙防止のため全車禁煙車としたことで、喫煙室を3・7・10・15号車に設けています。
このため自動販売機や電話の設置号車が変更されています。

客室では、腰掛周囲にパソコン用電源を増設、グリーン車は全席(200席)のひじ掛に、普通車は客室の最前部席・最後部席と窓側に面した席(合計で553個)に設置されています。

荷棚は、最近の主流であるキャリーバックにあわせて、奥行きが45cmとなり、700系に比べて約4cm広げています。
なお、天井までの高さはこれまでと同じです。

N700系のトイレは洋式(暖房付き)2台と男性用小便所1台がセットなって奇数号車(1,3,5,7,9,11,13,15号車)の東京寄りに設けられています。
トイレのインテリアも変更されています。

11号車にある多目的室とトイレは電動車いす対応の大形とし、トイレにはオストメイト対応設備も設けられています。

N700系は、2007(平成19)年7月1日のダイヤ改正から「のぞみ1号」などに投入され、東京〜新大阪間を最短2時間25分で運行しています。

さらに、この改正から品川始発の「のぞみ99号」も新設され、品川〜新大阪間を、従来より4分短縮した2時間19分で運行しています。

JR東海の計画によれば、N700系は平成19(2007)年度から平成23(2011)年度まで各16編成を新製増備、最終的には合計で80編成を揃えます。
JR西日本でも平成19(2007)年度から平成22(2010)年度までに16編成を新製します。



[▲このページの一番上にもどります]


N700系の外観

外観塗色は、東海道新幹線0系新幹線電車からの伝統である、「白地に青帯」を受け継ぎ、N700系のコンセプトである「最速の車両」を演出しています。

出入り口にある行先表示器は、さまざまな表示ができる「フルカラーLED」です。
これまでの列車愛称名や行先駅だけではなく、途中停車駅や列車番号、座席指定区分(指定/自由)なども表示できます。



[▲このページの一番上にもどります]


N700系最大の特徴

N700系の最大の特徴は、日本の新幹線車両として初となる「車体傾斜システム」を導入したことです。

車体傾斜システムの採用によって、カーブを走る時には車体を1度、カーブの内側に傾斜させることでカーブ外側への遠心力を低くします。
これによって、乗り心地を保ちながらカーブを走るスピードをあげることができるようになりました。

東京〜新大阪間の東海道新幹線区間では現在、半径2500mのカーブをN700系以外の車両は250km/hで走っていますがN700系では270km/hで走ることができます。

車体傾斜の方式は、「空気バネ上昇式」と呼ばれる空気バネに空気を送り込むことで車体を傾斜させる方式です。

さらに、加速するスピードも700系と比べて大きく上がり、最高速度に到達するまでの時間も大きく短縮されています。
270km/hに到達する時間は700系の5分に対し、N700系は約3分に縮まっています。

なお、最高速度は、東京〜新大阪間の東海道区間で270km/h、新大阪〜博多間の山陽区間で300km/hとなっています。

以上の効果によって、東京〜新大阪間で最大5分の時間短縮ができるとともに、東京〜博多間でも最速の車両となりました。



[▲このページの一番上にもどります]


N700系の室内について

グリーン車

N700系の8・9・10号車にあるグリーン車は、「上品、かつやすらぎのある落ち着いた客室空間」となっています。

エントランスデッキには、質感のある素材や曲面を使うことで、ホテルのロビーを思わせます(左下写真)。

室内には、新たに開発された「シンクロナイズド・コンフォートシート」が通路をはさんで2列ずつ配置されています。

「シンクロナイズド・コンフォートシート」とは、リクライニング操作と連動して座面が傾斜することで、人間工学的に最適な座り心地を実現するものです。

この腰掛には、高輝度LED読書灯・フットレスト・大形背面テーブル・手元テーブルや、足元が肌寒いと感じた際、個別に使用できるレッグウォーマなどが備えられています。

グリーン車オーディオサービスも、デジタル音源化されています。

室内照明は、天井に和紙調カバーが付いた電球色が、荷物棚の下にはLED補助照明が設けられています。




普通車

1〜7、11〜16号車の普通車の室内は700系を発展させた、「明るく。かつ開放感のある客室空間」となっています。

室内には腰掛が通路をはさんで2列と3列で配置されています。
この座席のシートクッションには新たに開発した複合ばね構造を用いています。

また、3人掛け腰掛の幅は、700系ではB席が広く、A席とC席とも430mmでしたが、N700系ではA席とC席も10mm広くなり、440mmとなりました。

これで幅460mmのB席とA、C席の幅の差は20mmとなりました。
ちなみに、2人掛けのD席とE席の幅もN700系では10mm広げられ440mmとなりました。
座席全体では40mm広がりましたが、通路や車体の幅はこれまでと同じです。

この40mmの広がりは壁の厚みで調整しました。このため、壁面の強度を保つ必要から、窓が少し小さくなりました。

モバイル用コンセント(AC100V)は普通車では、窓側席と最前部席・最後部の合計553席にあります。




喫煙ルーム

受動喫煙を防ぐため、N700系では「全座席禁煙」となっています。

これにあわせて、3・7・10・15号車のデッキにあわせて6ヶ所の喫煙ルームが設けられています。
設置個数と人数は、3号車が2人用が2ヶ所、7号車は4人用が1ヶ所、10号車は3人用が1ヶ所、15号車は3人用が2ヶ所となっています。

喫煙ルームの室内には煙を強力に車外に排出する強制排煙装置と光触媒脱臭装置を設け、たばこの煙や臭いがデッキや客室に入ることがないようにしています。

これで、「禁煙」・「喫煙」双方に対応できます。




モバイル環境の充実

パソコン以外にも携帯電話の充電などにも使えるAC100Vのモバイル用コンセントを、グリーン車は全200席に、普通車は窓側・最前部・最後部の各席(合計553個)に設けています。これだけのモパイル用コンセントを車両に設けたのは日本ではN700系が初めてです。

グリーン席のコンセントはひじ掛けに、普通席のコンセントは、窓側席では足元、最前部席・最後部席では壁面のテーブルの脇に取り付けられています。

腰掛背面のテーブルがA4ノートパソコンも置けるサイズに拡大されています。

さらに、平成21(2009)年3月14日のダイヤ改正から東海道新幹線区間(東京〜新大阪)において車内インターネット接続サービスが行なわれています。

「車内インターネット接続サービス」とは、東海道新幹線N700系車内で利用できる無線LANサービスのことです。

ノートパソコン、スマートフォン、ゲーム機などの無線LANに対応している機器を使ってホームページを見たり、メールの送信・受信などができます。
通信速度は新幹線1編成あたり最大約2Mbps(理論値)で動画を見ることはできません。

「車内インターネット接続サービス」は、2009年12月現在、東海道新幹線区間(東京〜新大阪)のN700系車内と東海道新幹線の各駅(17駅)のコンコースと待合室(いずれもステッカーで表示されています)で利用できます。
山陽新幹線区間(新大阪〜博多)は対応していません。

「車内インターネット接続サービス」利用には、あらかじめ、「新幹線車内で無線LANサービスを提供する事業者」との契約と「IEEE802.11b/gに準拠した機器(ノートパソコン、スマートフォン、ゲーム機など)」が必要となります。

くわしくは、JR東海の「N700系でインターネット接続サービス開始!(無線LAN)」をご覧ください。




バリアフリー設備の充実

これまでの東海道・山陽新幹線でも11号車にある多目的室と多機能便所は、700系などと比べてスペースを20%ほど広げ、多目的室は2.78u、多機能便所は2.66uの、ゆとりある空間となっています。

さらに、多機能便所には、新幹線車両として初めてオストメイト設備を導入しています。

なお、N700系の車いすスペースは11号車にあります。




そのほか

客室の荷棚は、奥行きが45cmとなり、キャリーバックなども載せられます。
なお、天井までの高さはこれまでと同じです。

これ以外にも、おむつ交換台付き洋式便所など、付帯設備を充実させるとともに、ユニバーサルデザインに配慮、車内標記はピクトグラムとなっています。

車内に流れるテロップは文字を大きくし、カラー化するとともに、次の停車駅での扉の開く方向を表示するなど、情報案内も充実しています。

セキュリティ面では、各デッキと運転台に車内防犯用カメラが計60ヶ所設けられています。



[▲このページの一番上にもどります]


N700系おもなデータ (諸元)

軌間1435mm (1.435m)
電気方式交流25kV (25000V) / 60Hz
MT比14M2T
ユニット構成4両1ユニット
定員グリーン車200名+普通車1123名=合計1323名
最高運転速度300km/h (東海道区間:270km/h)
曲線通過速度270km/h
編成重量715t
主要寸法全長先頭車27.35m (27350mm)、中間車25m (25000mm)
全幅3.36m (3360mm)
屋根高さ3.6m (3600mm) 700系よりも5cm(50mm)低いです。
パンタグラフ折りたたみ高さ4.475m (4475mm)
台車中心間距離17.5m (17500mm)
先頭形状エアロ・ダブルウイング形
先頭車の先頭部の長さは、700系の9.2mからN700系では10.7mに延長されています。
主電動機方式VVVF制御による誘導電動機駆動
形式TMT9形、TMT10形 (305kW)
主回路方式PWMコンバータ+VVVFインバータ
制御単位1C4M×2×2/M2
素子IGBT
ブレーキ制御回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
空調装置方式床下2台搭載
能力冷房33.7kW×2・暖房15kW×2
台車方式ボルスタレス・ウイング式
形式M車:TDT205形 T車:TTR7003形
軸距2500mm
歯数比2.79
補助電源主変圧器3次、静止形インバータ (5kVA)
車体構造アルミダブルスキン
製造日本車両・川崎重工業・日立製作所



[▲このページの一番上にもどります]


N700系に乗るには

運賃・特急料金早見表

 「のぞみ」 運賃・特急料金早見表
 「ひかり」・「こだま」 運賃・特急料金早見表




時刻表

2009年3月14日改正版

東海道・山陽新幹線 時刻表

 【下り】 東京→博多
 【上り】 博多→東京




座席表

 N700系座席表



編成表

 N700系「のぞみ」編成表
 N700系「ひかり」編成表
 N700系「こだま」編成表



▲このページの一番上にもどります

21新幹線情報館
新幹線 運賃・特急料金早見表 | 新幹線 座席表 | 新幹線 編成表 | 新幹線 時刻表 | 新幹線サービス・情報 | 新幹線車両案内 | ホテル | グルメ・グッズ
名古屋 高級ホテルランキング | 国内格安航空券 | 鉄道撮影用語集 | 鉄道の本とDVD | 夜行バス 格安
Copyright © 21新幹線情報館 2009.12-, keizo All rights reserved.