サーバー
トップページ | サイトマップ
新幹線で東京ディズニーリゾートに行こう!

山陽新幹線 700系7000番台新幹線電車「ひかりレールスター」について


もくじ
 700系「ひかりレールスター」の概要
 700系「ひかりレールスター」の編成設備
 700系「ひかりレールスター」のデザイン
 700系「ひかりレールスター」の室内
 車いす対応設備・多目的室
 電話・旅指南
 トイレ・洗面所
 チャイルドクッション無料貸出しサービス
 700系「ひかりレールスター」おもなデータ
 700系「ひかりレールスター」に乗るには



700系7000番台「ひかりレールスター」の概要

700系7000番台「ひかりレールスター」は、山陽新幹線区間の0系「ウエストひかり」の後継車です。
平成12(2000)年3月のダイヤ改正から「ひかりRailStar」の愛称で登場しています。

JR東海とJR西日本の共同開発車両した700系16両編成をベースに、JR西日本仕様としたものです。

塗色は500系と同じライトグレーに、窓下ラインを明るいイメージの「サニーイエロー」としています。
編成は8両編成(6M2T)で、普通車のみとなっており、グリーン車はありません。
1〜3号車が自由席車、4〜8号車が指定席車となっています。

1〜3号車の自由席車は、通路を挟んで2列と3列に配置されています。
腰掛の色はエメラルドグリーン。前の席との間隔は1040mmです。

4〜8号車は指定席です。
普通車でありながら、グリーン車と同じく、通路を挟んで2列ずつの配置となっています。
腰掛の色は紺色。前の席との間隔は1040mmとなっています。

なお、4号車は「サイレンスカー」です。「サイレンスカー」とは、車内放送などがない車内で、腰掛にチケットホルダが付いています。

新大阪寄りの8号車運転室寄りには、家族やグループ向けに4人用個室が4室あります。

照明はカバー付きで、指定席が電球色、自由席が白色。4人用個室はダウンライトとテーブル灯の組合せとなっています。

指定席(4号車「サイレンスカー」は除きます)の最前部席と最後部席、および8号車の個室には、パソコン用電源があります。
3号車と7号車には自動販売機に加え、ダイヤ検索用のデジタル時刻表「旅指南」があり、検索結果をプリントアウトできます。

多目的室や車いす対応便所などの車いす対応設備は7号車です。空調装置は基本番台(700系16両編成)と同じです。
喫煙車は2、5、6号車で、これら3両には集じん装置が付いています。

700系7000番台「ひかりレールスター」は、2009年9月現在、JR西日本の博多総合車両所にE1〜E16の16編成が在籍しています。



[▲このページの一番上にもどります]


700系7000番台「ひかりレールスター」の編成設備

700系7000番台「ひかりレールスター」編成は8両編成です。

パンタグラフなどの集電装置は2号車の新大阪寄りと7号車の博多寄りに設置して、その間をケーブルで接続しています。
また、4両で1ユニットを組むことで編成重量の軽減が図られています。

車内は、1〜3号車が自由席車、4〜8号車が指定席車で、8号車の新大阪寄りには4人用個室が4室設けられています。

車内販売設備は前4両、後4両のそれぞれ中央となる3号車の博多寄りと、7号車の新大阪寄りにそれぞれ配置しています。

多目的室や車いす対応便所などの身障者対応設備は、自由席車が増えたときも指定席車となるように7号車に配置しています。

700系「ひかりレールスター」では、禁煙車と喫煙車の比率は、700系16両編成と同じ5:3の比率とし、喫煙車を自由席車に1両、指定席車に2両設定しました。
さらに、トイレや洗面所といった共有空間では、極力、禁煙車と喫煙車が隣りあわないよう、2、5、6号車を喫煙車としています。

電話室は、2,4,6,8号車の博多寄りにあります。

さらに、0系「ウエストひかり」で好評であった「サイレンスカー」を受け継ぎ、700系「ひかりレールスター」では4号車(禁煙車)に設けました。



[▲このページの一番上にもどります]


700系7000番台「ひかりレールスター」のデザイン

700系7000番台「ひかりレールスター」は、形状は700系「のぞみ」として使用している700系0番台(16両のC編成)と同じです。

しかし、7000番台は山陽新幹線(新大阪〜博多)区間専用となるため、塗装はJR西日本独自のものとなっています。

「ひかりレールスター」の外観は、

・ 21世紀をイメージさせるざん新さを持つデザイン。
・ JR西日本らしさをイメージさせる独自性を持つデザイン。

となっています。

1.「ひかりレールスター」の形状

高速車両にふさわしく、曲面を生かしたダイナミックでインパクトのある形状です。

その特徴は、低いボンネットと運転室キャノピの組合わせによる、ダイナミックで個性的なフォルムと、空力に即した多様な表情を持つ曲面構成による先頭形状です。

また、機能性の面では、限られた車両長の中で、先頭車の定員を300系と同じとした上で、さらに速い速度(+15km/h)でも微気圧波を悪化させないこと、運転台からの視界を十分に確保することを目標に、滑らかな曲面形状構成によるエアロストリーム形状となりました。

2.「ひかりレールスター」の配色

車体の色は、500系と同じく、上質感があり、高速でありながら静かさをイメージしたライトグレーとし、帯は、500系のブルーに代わって、「ひかりレールスター」では陽光あふれる山陽路と「21世紀への新たな希望と期待」をイメージしたイエローストライプ(サニーイエロー)としました。

また、前頭部では運転室キャノピ部分をダークグレーとすることで、東海道新幹線への直通運転車(700系16両)との差別化を図っています。



[▲このページの一番上にもどります]


700系「ひかりレールスター」の室内

インテリアは、
・ 「鉄道の特性を生かしたデザイン」
・ 緊張感を和らげ、くつろぎのあるデザイン。

客室には、自由席車、指定席車、コンパートメント(個室)の3種類のバリエーションを持たせました。

普通車指定席

8両編成の編成の4〜8号車に設定されています。
普通車指定席は、8両編成の編成の4〜8号車に設定されています。

(1) 腰掛「2+2列」
腰掛配置をグリーン車と同じく1列につき4人(通路をはさんで2席ずつ)とし、従来の普通車とグリーン車の中間を狙ったグレードとしています。

前の座席との間隔は、1040mmとしています。

車内の雰囲気は、シックにまとめることとし、照明には左右2列のアクセントライン付きグローブによる連続直接照明とし、電球色の蛍光灯を使用しました。

(2) サイレンスカー
4号車のサイレンス・カーは、緊急時以外は車内放送がカットされ、車内販売案内も声掛けをカットしています。

さらに、車内検札のわずらわしさを解消するためのチケットホルダー(左下写真)も設けられています。

(3) カラープラン
心地よく、くつろぎを感じさせるものとしました。

壁面は、グレイッシュベージュ色を基調に、腰掛はレリーフ調のモダンなダイヤゴヤパターンで、上品で深みのある紺色モケットを用いています。

仕切戸の木目柄と合わせることで、落ち着いた中にも華やかさを感じさせるものとしなっています。




オフィスシート

ひかりレールスター」に設けられているオフィスシートとは、パソコンを使用することを考慮した座席です。

指定席車のうち4号車以外の5〜8号車の進行方向、最前部席と最後部席に、大きなテーブルとコンセントを設けるとともに、腰掛のアップライト角をなくすなど、車内でのパソコンの利用に配慮した座席です。

なお、この電源には、蓄電池を電源とした専用イバータを用い、新幹線特有の瞬時停電がないようにしています。




普通車自由席

8両編成の編成の1〜3号車に設定されています。

(1) 腰掛「2+3列」
1人でも多くの人に座ってもらえるよう、腰掛は従来の新幹線車両の普通車と同じ通路をはさんで2列と3列の腰掛とし、1列5人掛としています。

前の座席との間隔は、1040mmとしています。

車内照明のグローブは、指定席車と同じですが、指定席車と比べてカジュアルさを強調するため、白色蛍光灯を使用しました。

(2) カラープラン
くつろぎの中にも遊び心を感じさせる色調としました。

側壁の色調は指定席車と同一であるが、腰掛モケットにはレリーフ調のモザイクパターンに、深みのあるエメラルドグリーンのモケットとしました。

仕切扉の木目などとあわせることで、落ち着いたなかにも遊び心を感じさせるものとなりました。




コンパートメント (個室)

新大阪寄り8号車の運転台側に、おもに家族やグループ客向けの定員4名のコンパートメントを4室設けています。

(1) 設備
ミドルサイズの間仕切と、ソファのような腰掛や木質大形テーブルなどがあり、グループで他人を気にせずに旅行を楽しめるインテリアとしました。

テーブルにはパソコン用コンセントを設けて、ビジネスでの利用にも配慮した多様な部屋です。

照明は蛍光灯や白熱灯を使用したダウンライトやテーブル灯などで構成し、室内のスイッチによって自由に組み合わせることで、利用者好みの室内照明にすることができます。

(2) カラープラン
コンパートメントの仕切壁は客室と同色とし、圧迫感のないものとしました。

腰掛にはオータムイエローの織り地を採用し、テーブルの木目とあいまって、華やかな色合いの中にも落ち着きを感じさせるものです。



[▲このページの一番上にもどります]


車いす対応設備・多目的室

7号車の客室新大阪寄りには、右下写真のように車いす設置スペースがあり、写真のように90度回転する腰掛が用意されています。

車いす設置スペースにすぐの出入り口とデッキとの仕切り扉は幅広く作られています。
(「ひかりレールスター」7号車 座席表)

また、多目的室は7号車の新大阪寄りの端部にあります。



[▲このページの一番上にもどります]


電話・旅指南

電話は2・4・6・8号車の博多寄りデッキ部に電話室タイプのものがあります。
それぞれNTTカード式電話が用意されています。
このうち、8号車のものは車いす対応で、足元の広いものが設置されています。

デジタル時刻表「旅指南」は3・7号車のデッキ部にあります。
タッチ操作で乗換え列車案内などの情報入手と、検索結果のプリントアウトができます。



[▲このページの一番上にもどります]


トイレ・洗面所

トイレと洗面所は、奇数号車(1,3,5,7号車)の新大阪寄りの端にあります。

洗面所は1・7号車が各1ヶ所ずつ、3・5号車には各2ヶ所ずつ、そして、男子用小便所は各1ヶ所ずつあります。

なお、7号車の洗面所は車いす対応で、足元の広いものです。

洋式便所と和式便所は奇数号車(1,3,5,7号車)の新大阪寄りに1ヵ所ずつ設置されています。

なお、7号車の洋式便所は車いす対応で、大形のものが用意されています。



[▲このページの一番上にもどります]


「ひかりレールスター」でのチャイルドクッション無料貸出しサービス

山陽新幹線「ひかりレールスター」の8号車(指定席)では、チャイルドクッションの無料貸出しサービスをしています。
利用希望の方は乗車後、車内販売員に申し出てください。

なお、数に限りがありますため、希望に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

 チャイルドクッションとは、座席中央のひじ掛け部分に取り付ける『小さな子供用のクッション』です。
これを使うことで、小さな子供連れの場合でも、「ひかりレールスター」をより快適に利用できます。
なお、「ひかりレールスター」を16両編成で運転する場合はサービスを実施していません。


 チャイルドクッションを利用できるお客さま
「ひかりレールスター」の8号車(指定席)において、A・B席またはC・D席を並びでご利用のお客さまに同伴された1〜2歳(ただし、体重15kg以下)の子供です。利用を希望されるお客さまはあらかじめ8号車の指定席券を購入してください。



[▲このページの一番上にもどります]


700系7000番台「ひかりレールスター」のおもなデータ (諸元)

軌間1435mm (1.435m)
電気方式交流25kV (25000V) / 60Hz
MT比6M2T (両先頭車がトレーラー[付随車])
ユニット構成4両1ユニット(3M1T)とした2ユニット
定員普通車指定席310名+普通車個室16名+自由席245名=合計571名
最高運転速度285km/h
編成重量約320t (平均重量…M車40.33t、T車39.15t)
主要寸法全長先頭車27.1m (27100mm)、中間車24.5m (24500mm) (N700系よりほんの少し短いです)
全幅3.38m (3380mm)
屋根高さ3.65m (3650mm) N700系よりも5cm(50mm)高いです。
パンタ折りたみみ高さ4.3m (4300mm)
台車中心間距離17.5m (17500mm)
先頭形状エアロ・ストリーム形
(先頭車の先頭部の長さ:9.2m N700系より1.5m短いです)
台車方式ボルスタレス方式(振動制御[セミアクティブダンパ]付き)
形式M車:WDT205A形 T車:WTR7002形
軸距2500mm
歯数比2.79 (700系16両編成は2.96)
車輪径860mm
主電動機方式VVVFインバータ制御による三相誘導電動機駆動
形式WMT205形 (275kW)
主回路方式PWMコンバータ+VVVFインバータ制御
制御単位1C4M×1/両(M1車)、1C4M×2/両(M2車)
素子IGBT
ブレーキ制御電動車回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ(応荷重装置付き)
付随車ECBブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ(応荷重装置付き)
補助電源主変圧器3次・コンバータ(45kVA)
空調装置方式床下搭載ヒートポンプ方式(床下2台搭載)
能力冷房33.7kW・暖房19.8kW×2/両
塗装車体ライトグレー(500系と同じです)
イエローストライプ(サニーイエロー)
運転台キャノピ部分ダークグレー
車体構造アルミニウム合金製(中空大形形材+押出し形材)溶接構造
製造川崎重工業・近畿車輌・日本車両・日立製作所



[▲このページの一番上にもどります]


700系「ひかりレールスター」に乗るには

「ひかりレールスター」は山陽新幹線だけの運転となります。
「ひかりレールスター」はもちろんのこと、一部の「こだま」にも用いられています。

運賃・特急料金早見表

 山陽新幹線(新大阪〜博多)内各駅の「ひかり」・「こだま」 運賃・特急料金早見表



時刻表

2009年3月14日改正版

東海道・山陽新幹線 時刻表

 【下り】 東京→博多
 【上り】 博多→東京




座席表

 700系「ひかりレールスター」座席表




編成表

 「ひかりレールスター」編成表



▲このページの一番上にもどります

21新幹線情報館
新幹線 運賃・特急料金早見表 | 新幹線 座席表 | 新幹線 編成表 | 新幹線 時刻表 | 新幹線サービス・情報 | 新幹線車両案内 | ホテル | グルメ・グッズ
鉄道撮影用語集 | 鉄道の本とDVD | 夜行バス 予約 大阪発着 | 鉄道撮影テクニック | 福岡 格安ホテルランキング
Copyright © 21新幹線情報館 2009.12-, keizo All rights reserved.